持ち家マイホームがやっぱりサイコーな理由

マイホームを建ててよかったと思うところは、やっぱり「気にしなくていいところ」ですね。私が以前住んでいたマンションは、退去時の査定が厳しくって結構な費用をとられるマンションだったのですよね。フローリングの傷にしてもチェックされて、私の中では「ちょっとぐらい」と思うような傷であっても、しっかり修繕しますからね。

こじんまりとしたアパートを経営をする大家が修繕費を多めに言ってちょろまかすーといったようなことは、絶対にしていないであろうマンションです。「どこそこをこの会社でこう治しました」という詳細が記載された書類が、退去後であってもちゃんと送られてきますからね。そしてしっかり請求されます。

でも、だからこそ、私たちがそのマンションに入った時も築15年のマンションなのに、とてもキレイな状態だったのでしょうね。しかし、先輩住人から「ここは退去時に厳しい」と聞いていましたので、傷などに対して敏感だったわけです。

そしてそこからの自分たちの一戸建てマイホームですから、なんかもう解放感がありましたね。「傷つけてもいいんだー(よくはないけど)!」という解放感です。私はもともとガサツですから、この一点だけでもマイホームではのびのびとストレスなく過ごすことができています。やっぱり自分の持ち物は気楽で最高だということで。