理想的な注文住宅かそれとも簡易な建売住宅か

よく言われることに、戸建の住宅を求めるのには注文住宅か、それとも建売り住宅かという議論が有ります。 特に、皆さん大方の人は注文住宅というのは希望であり理想ともされていて好みのようです。

しかし、建売住宅というのもそれなりのメリットもあるでしょうし、普通のサラリーマンなどは手間のかかる注文住宅というのは敬遠しがちであるとも言われています。 特に、近年の建売住宅というのは昔と違って、建築基準も厳しいし業者間の競争も激しく、良心的になっているとも言われています。

又、建売り住宅というのは自分の理想の家や間取りではないかもしれないが、「住めば都」で住人はそれなりに工夫して住み心地を良くしますし、工夫もするものです。 其れに何と言っても、建売の場合は「手間いらず」で、特に購入時の手続きなどは非常に簡便で、例えば住宅ローンなども建主などが契約している金融機関なども容易に紹介してもらえるし解決してくれるはずです。

そして、何より住宅のコスト面では大いに開きがあるのも事実なようです。 特に、注文住宅の場合は予め土地の確保が前提になりますし、又、建築に関しても住宅アドバイザーや建築士、その他の専門的な相談費用に関しても多少なりとも余計にかかることも確かでしょう。