断熱材にはとくにこだわったマイホーム

うちの旦那の力説により、マイホームは断熱材にはこだわった家になりました。とは言いましても、「断熱材はどこそこのメーカーの断熱材じゃなきゃダメだ!」といったようなこだわりではなく、ただ単に「家の外壁の下には分厚い断熱材をしっかりと入れて、高気密高断熱の住宅を実現したい!」という家そのものへのこだわりです。

私たちが住んでいる地域は、極寒の土地というほどには冬が寒くはないのですが、まあ冬ともなると「ふつうに寒いね」というものです。旦那の実家は「冬がとくに寒い家」だったそうで、自分がマイホームを建てるのならば「冬が寒い家だけは嫌だ!」という強い意志があったのです。

そしてだからこそ、マイホームを建てる際には初期投資とばかりに、まずは建物そのものを快適にしようと考えました。そこで断熱材にはをしっかりと入れて、室内が快適な家、そして光熱費がかからない家を実現させたかったのです。

そういうわけで我が家の断熱材は「布団か!」というほどに、分厚いものが入っています。しかしおかげで冬だけではなく、夏場にしても温度があまり上昇しなくて快適です。