住宅を広くしすぎると暖房の問題が生じる

家作りをする時には、とかく敷地面積が重要視される傾向はあります。

確かにその面積は、とても大切なポイントなのです。あまりにも面積が狭いと、日常生活に関する様々な支障も生じかねません。住宅を作ったのは良いですが、思ったよりも狭かったという話も多いですから、面積は軽視できないポイントになります。

しかし、あまりにも面積にこだわるのも禁物です。寒さに関する問題があるからです。

住宅によっては、リビングの面積をかなり広く確保しています。リビングが広い方が、明らかな開放感があるからです。

しかしあまりにもリビングが広いと、今度は寒くなってしまう傾向があります。開放感があるのは良いですが、暖房効率が悪くなってしまうからです。

暖房の性能にも、そもそも限界はあります。たとえ暖房を点灯したとしても、広いリビングがなかなか暖かくならない事も多いです。

ですから住宅の設計をする際には、あまり広さにこだわらない事も大切です。